煙はタバコ並に出るの?
結論から言うと煙の出る量は本物のタバコよりも多い(通常のタバコを大きく吸って吐く以上に出る)。タバコとは違って煙じゃないんだけど…。
電子タバコの煙は専用カートリッジ内の液体を電気的に霧状化し、その微粒子を吸引。いわゆる一般的なタバコとは異なり、火気を用いない上に、燃焼に伴うタールや一酸化炭素なども発生しない。
また、タバコの先端から副流煙が発生しないため、他人に迷惑をかけず自身の健康を害することもない。
ちゃんと取り替え可能な交換部品になってるの?
過去国内で販売されていた一体型のものと違って全て分解できる。分解したパーツ毎にバラ売りされているので非常に安心。
特にアトマイザー(リキッドを入れるタンク)はその性質上、次第に汚れなどが付着していくので定期的な洗浄が必要。これも別売りで売ってるし、取り外して簡単に洗うことができる。
バッテリーはどれくらいもつ?
バッテリーは携帯電話やノートパソコンなどに使用されている、大容量のLi-ion充電池。
目安として1日1回が基本とされているが、これは相当なヘビースモーカーの話。
バッテリー寿命も1年くらいあるんじゃなかろうか。毎日充電してると半年くらいの寿命みたいだけども。
充電してる間は吸えないけど(iTasteVVなどのパススルー型は充電しながらも吸える)。
本体のボタンを押して稼働するタイプなので壊れにくい。ボタンを3回または5回などクリックすることでON-OFF。
喉にイガイガする煙が出る
これはよく電子タバコ体験した人が言う事。この煙が出るからくりは、リキッドで湿ってない状態で吸うこと。
リキッドを湿らせるのに使われているのが合成繊維なのでリキッドで常に湿らせてないと焦げたりするからこうなる。コットン綿に変えれば出ないという結果報告も多数アリ。
要は面倒くさがらずに煙り量が減ったら定期的にリキッドを注入しないと駄目ってこと。アトマイザーの洗浄、メンテナンスも含めてこれは電子タバコの基本。
たばこのように火つけて捨てればいいってものではない。
あとリキッドとアトマイザーの相性もあるみたいなので、喉がイガイガする煙が中々解消されない場合は中の綿を交換したり、そのリキッドは諦めたりといった選定行為も重要。
カートリッジはどうなの?消耗品だけに高いんじゃないの?
これについては目から鱗。日本で売ってるヤツが如何に糞かってのがわかった。日本で売ってるものは味がなくなったらカートリッジを販売する口。
新しい電子タバコは自分でリキッドを補充する。
煙の量や味わいは自分で補充した方が圧倒的に良く、コストパフォーマンスも高い。
そもそもタバコ2〜3本分くらいを吸うとリキッドが大分なくなってくるので、その毎に2〜3滴ずつ補充。
2〜3滴だからリキッドも殆ど減らない。これで1200円。多分1ヶ月は持つ。
カートリッジ交換式のやつはすぐになくなって補充もできないから吸う毎に300円とか取られる。最悪である。
リキッドを数滴垂らすだけで結構吸えるので、タバコ代に換算すると今後凄く安く上がる気がする。
「うまい!!」って感じる自分好みのリキッドを探すのには半年以上かかる気がするが、これも電子タバコの楽しみのひとつとして捉えていきたい。